固定資産税はどんな時に係る税金か

不動産

固定資産税はどんな時に係る税金か

生活をしていると、いろいろと税金がかかります。
最も身近なのは消費税かもしれません。
買い物をするたびにかかります。
その他収入があれば所得税がかかります。
お酒やたばこなどにも一定の税金がかかるとされています。
税金には目的があり、それぞれの機関が徴収することになっています。
どんな人に対してかけるかなども決められています。
不動産関係の税金としては、固定資産税があります。
聞いたことはあるが、誰にどんな税金がかかるのかはあまり知られていないでしょう。
まずは、固定資産を持っている人にかかります。
1月1日時点において、ある市区町村において固定資産を所有している場合、固定資産台帳価格に対して一定の税率をかけた税金がかかります。
どこが徴収するかですが、国が徴収していると考えている人が多いです。
実は国ではなくて市区町村になります。
1月1日であれば、年の中途で売却した時にどうなるかですが、売買契約などで期間案分するのが一般的です。

最新記事